転職の事前準備

転職を考え、求人情報を見る前にやること

転職を考えた時、今時ならおそらくほとんどの人が求人情報サイトをチェックするでしょう。しかし、求人情報を探す前にまずやるべきことがある、というのを忘れてはいけません。

退職の意思

企業によっては、退職願を受理するにあたって、退職希望日から一定の期間前に申告するよう定めているところも少なくないものです。いつまでに辞めるかをきちんと決め、そこから遡った余裕のある時期に届を出す必要があります。

その際、次に就きたい希望の職種があるなら、その職種の求人が多く出る時期の手前で、今の仕事を辞め、スムーズに転職活動ができるように退職手続きを進められるとベストでしょう。まずは自分が就きたい仕事の求人募集がいつごろ出やすいのかを調べておくのがお勧めです。

職業を把握すること

また、どうしても就きたい仕事、憧れの職業があるなら、その仕事で必要になるであろう資格やスキルについて調べ、現在の仕事を辞めてしまう前にそれらの資格やスキルを身につけておくべきです。なぜなら、転職というものは、自分の意思だけで簡単にできることではないからです。

運良く、希望職種の求人が多く出ている時期に退職できたとしても、そのまますんなり希望の仕事を得られるとは限りません。経済状況や生活ペースが安定しているうちに資格の勉強をしたり、経験を積んだりしておけば、後の負担を減らすことができます。

転職活動で不自由しないために

仕事によっては、自分が想定した時期に必ずしも求人募集がかかるかどうかわかりませんから、失業保険などの制度も利用しましょう。転職活動中の生活で不自由しない程度の貯蓄を日頃から心がけておくことも大切です。転職を考え、求人サイトを見るのは、それらの準備ができてからです。

「今の仕事や人間関係が嫌だから一刻も早く辞めたい」「もっと稼ぎたいから、特に職種にはこだわらない」というような理由で転職するなら別ですが、「どうしても就きたい仕事がある」という場合は、できるだけ事前に転職を成功させる確率をアップさせられる準備をしましょう。