憧れの仕事

憧れの職業の求人が出ても焦りは禁物

飛行機のパイロット、ケーキ屋さん、研究者、芸能人…子供が憧れる仕事や職業や様々ありますが、その夢に向かって順調に歩める才能の持ち主はほんの一握りです。しかし、今は別の仕事をしているけど、いつか憧れのあの仕事に就きたい、そんな野望を抱えている人も少なくないでしょう。それが本気なら、いつかくる「その日」に向けて、資格をとったり、知識を蓄えたり、経験を積んだりして、自分自身を作り上げていきましょう。

安易に辞めないこと

ひとつ注意すべき点は、「憧れの仕事があるから」とすぐに今の仕事を辞めてはいけません。できれば在職中に、お金や時間のかかるスキルや資格を身につけておくのがベストですが、せめて最低限の余裕、転職に向けて動ける状況を確保してから辞めるべきでしょう。そもそも憧れの仕事の求人がいつでも出るとは限りません。

本命の仕事の求人が出た際に、他の応募者よりもアピールするためにも、事前に(時間や金銭の余裕があるうちに)スキルや経験を身につけておくべきです。少しでも採用の確率があがるように、事前に準備をしておきましょう。

また、今の仕事を辞めてから新しい仕事に就くまでに利用できる福利厚生について確認しておくこともお勧めします。万が一、希望している職種の求人が長期間出なかった場合に備えて、失業保険の手続きについても調べておくといいでしょう。

憧れはプラス思考になりがち

憧れていた仕事に転職する、という前向きなシチュエーションでは、人はつい希望的観測で物事を考えてしまいがちです。しかし、本人の気持ちはさておき何でもスムーズに事が運ぶとは限りません。特に憧れている人が多いような人気の職業は、世に数多く出ている求人の中から選ぶよりも、確実に狭き門となるでしょう。

その時に備えて自分自身のスキルを磨き、応募する際に少しでも有利になるよう準備しておくことが大切なのです。備えあれば憂いなし、転職をする際には、できるだけ多くの安心材料を確保しておくことが大事なのだということを心にとめて、新しい一歩を踏み出してください。